引越業者への依頼はどのくらい前までに連絡すればよいの?

引越しの準備はいつぐらいから?

引越しの準備は、あまり早くから始めても意味がないような気がします。しかし、新居に移る1か月前では、いろいろな手続きをすることを考えると時間的な余裕が足りないと思われます。

 

もちろん、毎日かなりの時間を引越し準備に割けるのであれば、2週間くらいでも間に合わないわけではありません。でも、仕事を持っていたり、小さな子どもがいたりする場合には、引越し準備に使える時間が限られてきますので、せめて2か月くらいは見ておいた方がよいでしょう。

 

引越しの時期から逆算して時間を割り振る

引越しまでの間に何をしたらよいか、まずは書き出してみましょう。そして、どの順番にしたらよいか並べ直してみると、それぞれにどれくらいの時間がかかるかわかってきます。

 

まずは引越し先を決めなければ引越しできませんが、引越し先を決めたからと言って、荷物をまとめさえすればすぐに今まで住んでいたところから次のところに引っ越せるわけではありません

 

退去の手続きをしなければなりません。もし、手続きをしなかったり、手続きが遅れてしまったりした場合には、住まなくなってからの家賃も払い続けることになるかもしれません。下手をすると2部屋分の家賃を払うことになってしまいますから、忘れずに手続きを取るようにしましょう。

 

1か月前には退去を申告しなければならないと言うところが多いので、次に住むところの目星がついたら、いつ引っ越すかを決め、その日から逆算して1か月前までに連絡をするようにします。

 

引越業者の選定や見積もりはなるべく早く

不動産屋への連絡は1か月前が目安ですが、引越業者の選定や見積もりは、退去の手続きよりもっと早い方がよいかもしれません。

 

特に引越し希望者の多い時期は、引越しまでの日にちが短いと、希望の日時に予約が取れない可能性が出てきます。

 

ほとんどの引越業者で2か月前から予約を受け付けていますから、引越しの日にちをきめたら、なるべく早く引越業者に連絡を入れ、見積もりを取るようにしましょう。

 

忘れがちなインターネット回線の手続き

引越しの際に忘れがちなのが、インターネット回線の開設工事の予約です。モバイルWiFiなどで接続している場合や、元々インターネット環境の整備されている転居先であればすぐに使えるようになりますが、新たに回線を引かなければならない場合、1か月くらい見ておかなければ希望の日時に工事をしてもらうことができません

 

インターネットが2、3日使えないだけでもいろいろと不便なことが起こる昨今ですから、インターネット関連の連絡は早めに行うようにしておきましょう。

引越しで悩むあなたへ