正しい梱包の仕方・コツ【キッチン周り編(食器・包丁など)】

キッチンの梱包が最も時間がかかる!

キッチン

引っ越しの際、梱包に最も時間がかかる場所はキッチンです。
細かいものや液体の入ったものがある上に、割れ物が多いというのが理由。

 

引っ越し準備にかかる時間の3分の1くらいはキッチンの梱包にかかると言われていますから、普段使わない物から順に早めに手を付けておくようにしましょう。

 

 

食器や器具の梱包

食器の梱包には、専用の緩衝材がありますが、新聞紙でも十分代用することができます。
ただし、新聞紙を大きいまま使うと枚数が大量に必要になる上に、包んだ食器1つ当たりの大きさが大きくなりすぎて、箱の中に少ししか入らなくなってしまいます。

1枚を2分の1や4分の1にあらかじめ切っておいてから、梱包に使うようにしましょう。

食器の包み方

食器は陶器類もガラス食器も1つずつ丁寧に包むのが基本です。
コップは紙の上に底を下にして置き、余った部分を中に折りこむようにして包みます。

 

お皿は紙の上に置いたら、周りから少しずつ中に折りこむようにして、重なった部分をテープで留めます。

ふたのあるものは、ふたと本体と分けて別々に包み、その後でセットになるように上から再度包むか、テープで留めておくようにすると、後で使うときに便利です。

スプーンやフォークなどの梱包

スプーンやフォーク、箸などは、種類別にビニール袋に入れ、その上から新聞紙でくるみ、テープで留めるか、紐でしばっておくようにすると、新居で使うときに便利です。

中身が動かないように、きちんと重ねて固定しておきましょう。

刃物の梱包

包丁やナイフなどの刃物類は、厚紙を二つ折りにして刃の部分を挟むか、新聞紙を何重にも折って厚くしたもので刃の部分を巻くようにします。
巻いた部分が抜けてしまわないように、布テープなどを使って留めておくとよいでしょう。

刃物が複数ある場合は、1本1本を別々にしておくと後で探すときに大変なので、全部まとめて更に上から包んでおくようにします。

液体容器の梱包

液体の入っているものの梱包は特に注意が必要です。
量の多少にかかわらず、液体の残っているものは、キャップをきちんと閉めた上からラップをかぶせ、輪ゴムをかけたり、テープで留めたりしておきます。
ビンや容器も1本ずつ梱包し、箱に入れるときは立てて入れるようにするのがコツです。

ポンプ式のせっけんや洗剤は、ポンプが動かないように固定するのを忘れないようにしましょう。

なべやフライパンの梱包

なべやフライパンは、ふたを外して、大きい物から順番に、小さい物を上に重ねるように段ボールに詰めていくようにします。
このとき、なべとなべとの間に新聞紙や緩衝材をはさみ、傷やへこみを防ぐのを忘れないようにしましょう。

なべやフライパンは、それだけを入れるのであれば重くならないので、大きめのサイズの段ボールを使っても大丈夫です。

段ボールに入れる時のコツ

ダンボールの正しい組み方
食器類を入れる段ボールは、底が抜けると中身が割れて大変なことになってしまいます。

間違っても、底を互い違いに組んだ段ボールや紙袋類に入れることはしないでください。
互い違いに組んでしまうと、中央から開いてしまい、底が抜けやすくなってしまいます。

 

段ボールの底は必ずテープで留めるようにし、念のために十字に留めておくとよいでしょう。
段ボールの底に厚めに新聞紙を引き、重い物から下に、軽いものを上に置くように入れていきます。
コップ類は上下を逆さに、お皿は立てて入れていくと隙間ができにくく安定します。

箱の左右で重さの偏りができないように注意して入れましょう。

 

詰め終わった後、少し揺らしてみて音がするようなら隙間がある証拠なので、緩衝材で隙間を埋めます。

食器類は重くなるので、自分で持てる範囲の重さにするために小さ目の箱を選び、ワレモノとわかるようにきちんと書いておきましょう。

引越しで悩むあなたへ

正しい梱包の仕方・コツ【キッチン周り編(食器・包丁など)】関連ページ

正しい梱包の仕方・コツ【家電編(冷蔵庫・洗濯機・テレビなど)】
引越し業者をお探しの方へ。引越し業者ネットでは全国各地の引越会社を比較し、個々にあったプランを提供しています。引越しの見積もり・費用が最大で半額になる方法も掲載中!見積もり前に、まずこちらへ。
正しい梱包の仕方・コツ【家具編(箪笥・棚など)】
引越し業者をお探しの方へ。引越し業者ネットでは全国各地の引越会社を比較し、個々にあったプランを提供しています。引越しの見積もり・費用が最大で半額になる方法も掲載中!見積もり前に、まずこちらへ。